理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

AKIKOさんのキネシオロジーセッション

先日、AKIKOさん(http://ameblo.jp/akik0/)のキネシオロジーのセッションを受けてきました。


キネシオロジーは名前と本をちょろっと読んだ程度で詳しくはないのですが


身体的・精神的不調を

いくつかの筋反射を使って、治療箇所を見極めて

治療していくもののようです。


特に精神的なものについて

ストレスになっているものを思い浮かべると

筋出力が低下するらしいです。


で、そのストレスもちゃんと対応した治療箇所があるようで

ストレス軽減もできるようです。




というわけで、波田野ですが

実はこのセッションを受けた日に練習用のピストバイク(競輪用)が盗まれまして・・・


まぁ、上尾に引っ越してから茨城との交通環境の違いにまったく乗らなくなったし

「もう乗らないだろうなぁ。処分しようかなぁ。」と考えていたので

ショックの度合いもMAX100に対して60と答え。

それを筋反射でチェックしたら


著明な出力低下があり

AKIKOさんに「あれ?けっこうショック受けてません?」と言われてしまいましたよ(笑)



で、そのストレスを思い浮かべながら治療をしていただきました。


すると・・・

最初は「ちくしょ~」とか「どうしよう~」とかはっきりとイメージできていたのに

次第にそういうネガティブなイメージが曖昧になってきました。


あまりにも不思議な感覚だったので、直後は「少し軽くなったかな。」程度だったのですが

1日を通して、盗まれた自転車のことを考えている時間がほとんどなくて、

受け入れられている自分に気付いたので

けっこう効果があったのかもしれないです。




他にも、対外的な活動に対して、「あぁ、やっぱりオレって社会不適応者?」みたいな不安があったので

それも治療していただきました。


そのストレスも軽くなった気がします。




本当に不思議な手技ですが、効果は確かにあると思います。



ストレスがはっきりしている方も

はっきりせず、なんだかモヤモヤしているという方も

AKIKOさんの治療を受けてみてください。

上記のブログからコンタクトを取ってみてくださいね。







それにしても、こういうエネルギーセラピーみたいな「東洋的」な考えを

西洋医学系のセラピストは信じない人が多いのですが



それってすごく愚かだなって思います。



東洋医学も西洋医学

使っている表現が違うだけで


言っていることは同じだったりしますけどね。



東洋の経穴なんて、トリガーポイントだったり、炎症を起こしやすい骨の筋腱付着部と一致or類似しているし

経絡や気の流れなんかも、アナトミートレインに類似していたり




AKIKOさんのセッション中でも「ここらへんが滞ってますね。」と言われるところは

筋緊張が亢進していたり、短縮していると自覚しているところと一致していましたし


AKIKOさんが身体の前で手を上下させて「気の流れを・・・」と言っていたのも


身体の中心を視覚的に入れることで、体軸を認識させているんだと思うんですけどね。



西洋のいう「科学」なんてまだまだ歴史的に浅いんだし

身体のことなんてわからないことの方が圧倒的に多いんだから


代替医療の長い歴史の中で積み重ねてきたものを、研究で証明してきているだけの側面もありますからね。


PTやOT、もちろんドクターも

西洋医学の枠だけで動いていたら、もったいないですよ。




では。