理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

成瀬善久の投球戦略「トップの作り方」

ここ数年、セ・パ交流戦の結果を見ていると

パ・リーグが圧倒的ですね。


その理由はどこでも言われていることですが

ズバリ「投手力」ですね。

単純に先発ということで言えば、パ・リーグには

ダルヴィッシュ(日本ハム
和田(ソフトバンク
杉内(ソフトバンク
涌井(西武)
岸(西武)
岩隈(楽天
田中(楽天
金子(オリックス
成瀬(ロッテ)
という日本代表のエース級が勢ぞろいですよ。

この面子に対抗できそうなのセ・リーグの投手といえば
内海(巨人)
館山(ヤクルト)
前田(広島)
くらいしか思いつきませんよ。



そんな中で、波田野が「見事だ!!」と思うのは



ロッテの絶対的エース成瀬善久投手ですね。


$Body Technique System~姿勢アドバイザー&スイングスポーツアドバイザー~


彼のフォームは特徴といえば、まず真っ先に目が行くのは

高く上げたグラブ側の腕と

折りたたまれたままトップの位置まで持っていかれるボール側の腕ですね。




特にボール側の腕のあの上げ方は実に合理的です。

何が合理的かというと・・・

身体の中心で動かしているというところですね。

人の身体というものは中心に近いほうが力を発揮しやすいんですね。
もちろん物理的にもテコの原理で持ち上げるものが中心に近いほうが少ない力で済みますし。

さらに無理に後ろに引かないことで、上腕骨は肩甲骨面、つまりゼロポジションで上げることができて肩に負担をかけず、リラックスした常態を保つことができます。

またグラブ側もしっかりと突き出すようになっているため、ATNR(非対称性緊張性頚反射)という人間の持つ反射が動員されて、

一見すると反動が使えなさそうなトップの作り方でも、全身が弓を引くようになるため十分にタメができるんですね。

さらに言うなら「動く骨」的にも片側上肢の屈曲と反対側上肢の伸展は屈曲側への体重移動を生み出すので、そういう意味でも軸足股関節への「かませ」と「隠し」が出来ているのです。

さらにさらに言うなら、あらかじめ身体の前方でトップを作り上げるのでスイング時に腕を遠く前方に出しやすい、つまり「球持ちが長い」という上体を作れますね。


確かに成瀬投手は球速自体は速くはないのですが、身体構造を巧みに利用し、リラックスした投球戦略により

キレのあるストレートと、成瀬投手の最大の武器である正確無比なコントロールを作り上げているんですね。


いやはや、本当に見事としか言いようがないですよ。