理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

筋膜リリース再考

自称ボディテクニックアドバイザー理学療法士波田野です。

主に運動療法で身体の動きを変えることを得意としていますが


徒手療法ももちろん得意です。



最近は「teateセラピー」の影響もあってか

ソフトタッチによるリリースに着手しています。


まだまだオステオパシー、クラニオセイクラルのような手技としてはさっぱり不可解なことばかりなので

ラクゼーションとしてならまだしも

症状に合わせたピンポイントのセラピーとしては

今までどおり筋膜リリースを使うことが多いです。

ASTRも筋膜リリースの派生ですしね。

ただ、あまり強い刺激を入れなくなっただけです。


ソフトタッチによる筋組織の変化やリラックス感や

重力に任せてリリースしていく。

ロルフィングっぽい感じかもしれませんね。





というわけで、今日は肩関節拘縮の患者さんを新たに担当させていただきました。

その方は仕事の時間の関係上、遅くまでやっている接骨院にしかいけなかったということですが

1年通ってもいっこうに良くならないということで

ようやく、当院に来院したようです。



こうやって、他の治療院に通っていた患者さんはプレッシャーもありますね。

もちろん、ほかのセラピストには負けるわけがないという自信はありますが

「オレでもダメだったらどうしよう」というプレッシャーも少なからずあります。



でも、結局はその患者さんも

初回のリリースで

可動域が劇的に改善したことに驚きと喜びを感じていただきました。


施術を受けている最中も「あぁ~どんどん軽くなっていくのがわかります。」とおっしゃってましたよ。



今日は基本的なリリースのみになりましたが

次回からはMSBに基づいた運動処方をしていければいいかなと思います。


では。