理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

ボントレガーロードシューズ「RACE XXX LIGHT」買いました。

$Body Technique System~姿勢アドバイザー&スイングスポーツアドバイザー~-SBSH0007.JPG


今まで使っていたのは4~5年くらい前に買ったシマノのセカンドクラス。

さすがにボロボロになってきたので


思い切って新しいのを買いました。


しかも、思い切ってボントレガーのハイエンド。
「Race XXX Light Limited Eddition」です。
3万円也。


デザインもあまりにも秀逸なのですが


ボントレガーには絶対的な信頼を置いているので

とにかく、この靴を狙っていたのです。



何がすごいって

他社を追随を許さない圧倒的な軽さ。

サイズ42で両方合わせて400g弱です。
他社よりも200g以上軽いはずです。

自転車というのは足を動かす競技ですから。

足周りの軽さというのは、走りに直結します。

持ってみると、その軽さは歴然です。


クリートをつけても、クリートを外したシマノシューズと大差ないくらいです。

信じられないです。


さらに、軽さと同じくらいすごいのが

軽量化を追求した結果、たどり着いた

極限まで減らした縫い目。

つま先と踵に1本あるだけ。

これによって、靴が足の形に柔軟に変形してくれるので

異次元のフィット感です。

吸い付くような感じ。


あまりに柔軟なので、踏み込んだときにぐにゃぐにゃしちゃうんじゃないかと思ったけど

ヒール部分のホールド感が強いので

すごく安定。

インソールは残念ながらe-Solesじゃない、ショボショボのインソールだけど

換える必要ないんじゃないかと思うくらい

靴の方に安定感がありますね。


まぁ、結局はショックドクターを買いましたが。





あとは実際に走ってみるだけです。


詳しいレビューはまた後日。




本当に期待大です。



唯一の不安はクリート位置。



できるだけ後ろにつけたい(別府史之とのやりとりの結果、クリートは後ろが良いとたどり着きました)。

でも、シマノのシューズはサイズが43。

今回は44でサイズが大きくなったので、クリートの位置がシマノより前気味になっていたら、少し嫌ですね。