理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

ホームサロン開業講座「teateセラピー」

今日はホリスティックヘルスケア研究所が主催する

「ホームサロン開業講座」を受講しに

新宿のボディメンテナンスサロンUNDER THE LIGHTに行ってきました。

$Body Technique System~姿勢アドバイザー&スイングスポーツアドバイザー~-SBSH0006.JPG



手技としてはオステオパシーということで

理学療法士でもけっこう使う人がいるものの

私自身はASTRだったりマイオセラピーだったりのグイグイ系の手技を取得してきたので

オステオパシーみたいなソフトタッチの手技は半信半疑でした。

敬遠していた理由は触診が難しそうだなとも思っていましたし。


でも、食わず嫌いしてないで体験してみないとだし

ホームサロンということで

少ない資金で、まずは小さく始めていくという展開の仕方を勉強したかったので受講しました。


とはいっても、内容は開業するにあたっての基本的な手技の勉強。


で、体験してみましたが・・・




すごいです!!!!


本当にソフトタッチだけで、みるみると体が変わっていくのが実感できました。

仙骨を触られて、脊柱をす~っと撫でられるだけなのに

仙腸関節が動いていくし

頭蓋骨を軽く押されただけで、今まで気になっていた頚椎のズレがマイルドながら確実にはまっていくし

そして、気持ちいい~~~。

背臥位で施術されていると

決して眠かったわけではないのに

いつのまにか夢の中。


リラックス感が半端じゃないです。



施術後に首をぐるぐる回してみましたが

左胸鎖乳突筋の伸張感がゼロ。



いったい、今まで自分がやっていた手技はなんだったんだとショックを受けましたよ。


昔から

治療することを

「お手当て」だなんて言いますが

まさに「お手当て」

そして

「teate」セラピーですね。



とはいっても、今の職場の患者さんは

やはり「強めのほうがやってもらってる感じだからいいね。」なんて言っているし

保険を使った安い医療機関では

マッサージだと思っている患者さんがほとんどなので

いきなり全部導入は難しそうですが

少しずつ組み込んでみたいなと思います。



いやはや、これは本当にすごいです。


鉄は熱いうちに打て。

さっそく、検定試験でも受けましょうかね。




ヨガなどのボディワークもやっているし、これからの波田野の方向性としても良さそうです。

特に「体軸ヨガ」は良さそうですね。



実は波田野も以前から

ストレッチポールハーフカットや

このブログにも書いたことがあるように

「ウナ打通法」などを使って

どこに重心を落として軸を作って動くかを実践してきたので

参考になりそうです。





よし!!



彼女や朝のダイエット道場をしているスタッフや

業務後に肩の治療をしているスタッフを実験台にして

練習するぞ!!!