理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

ヨガとピラティスの違い?

先日、書いたヨガに通い続けている患者さん。

今日は「先生がこの前やりたいって言ってたことは本当に良いと思う。」
と言われました。


さらに「ヨガで体をどう使えば良いのかわかってきて、楽しくなってきました。」と言われました。


すごく嬉しいですね。


今年あたりからマスターストレッチとボディキーの資格を取るつもりでいますが

自分の性に合ったピラティスやヨガの資格を取るつもりは今のところない。

そういった点で、単純にピラティスやヨガの処方自体はインストラクターの人には敵わないかもしれない。


しかし、理学療法士で培った解剖学と運動学などの知識に裏付けられた身体感覚で

いろいろなボディワークの各エクササイズをブラッシュアップして

中々、上達できないという人に「気付き」を提供できればいいですね。





というわけで、ヨガとピラティスの違い。

よく言われることですが


よくわかりません。



感覚的には、体幹にトピックスを当てて四肢を動かしていくことが得意なのがピラティス

ヨガも体幹を意識しますが、もっと全身的な体の関係性が得意かなと。


そういったことを考えると、ピラティス体幹を重点的に高めた上でヨガまで繋げていくと良いかなと。


運動様式で見てもピラティスはOKCが多く、ヨガはCKCが多い印象を受けますからね。



こうやって、いろいろなボディワークの良いところを組み合わせていきたいですね。