理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

ゴルフのためのヨガ

ゴルフのためのヨガ―スコア100を切る/本橋 恵美

¥1,890
Amazon.co.jp


アスリートピラティスでおなじみ、みんな大好き本橋恵美さんのヨガ本です。

ヨガは一見すると複雑なポーズを取るため中々始めにくいです。

私自身、身体が固かったため「ヨガは無理だなぁ。」なんて思って敬遠していました。


しかし、ここ何年かコアコンディショニングやピラティスなどを実践していくうちに

身体の柔軟性や安定性、身体感覚の鋭敏化に伴ってヨガを始めてみたらできるようになってきました。



そんなタイミングで大好きな本橋先生のヨガ本が出たので購入。


良い点としては・・・

とにかくわかりやすい!!

さすが人気講師なだけあります。

他の本では「?」だったポイントも

この本で「こういうことか!!」となります。



逆に残念だったという点は・・・

「ゴルフのための」と謳っているわりには

ゴルフとの繋がりが非常に弱いです。

ゴルフの話は簡単なフォームの写真や怪我をする時の間違ったフォームが掲載されているだけ。

ゴルフにとって、体幹が大事だったり、柔軟性が大事なのは当たり前だし、それはゴルフに限らない。

なら、ピラティスではダメなのか?他のメソッドでは?となります。

「ゴルフのため」として出版するなら、

ゴルフのスイング解析をもっと詳しくやったうえで

「この動作が必要だから、その動作を獲得するためにこのヨガのポーズを」みたいな風に書かないとなと思いました。

スイングの各相における必須モーションとそれを獲得するためのエクササイズ。

そう、ジャイロボールのクオメソッドがそうであるように。



というわけで、ゴルフのためのとしては若干不満が残りますが

ヨガの本としては非常に良い本だと思います。



ゴルフはやらないけど、ヨガを・・・と考えている人にこそ手に取ってほしいですね。