理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

コアコンディションとハンドリング

埼玉県北本市本町、大友外科整形外科リハビリテーション

理学療法士波田野です。


本日は通常診療でした。

少しずつ震災のショックも落ち着いて、毎日たくさんの予約を頂いています。

本当に理学療法士が足りないです。
あと二人くらいは採用したいです。
院長も採用する気満々で、公式に募集をかけています。

就職活動中の理学療法士の方は是非いらしてください。
急募です。


次回の診療時間ですが
9:20~13:00が停電時間なので

診療は13:30~16:00になります。

しかし、日中の停電は見送られる可能性が高いです。

その場合は通常診療となります。

よろしくお願いします。




さて、波田野はストレッチポールを使ったコアコンディションをしています。

コアコンディションのセミナーでは

「クライアント自身で動きを感じてもらうために、トレーナーは手を触れないようにしてください」と言われます。

その考えも悪くはないですが

私は何の躊躇いもなく、患者さんに触れて、動いていただきます。

なぜなら、患者さんを手で触れて誘導する「ハンドリング」が理学療法士の腕の見せ所だからです。

もちろん、誘導なしで患者さん自身が正しく動ければ、それに越したことはありませんが

やはり、患者さんは中々動きを理解できないものです。

そのままにしていたら、力んでしまったりで正しく動けなくて効果半減です。


それなら、こちらで誘導してあげて
正しい動きの「気づき」の提供をしてあげたほうがはるかに効果が高いです。



そんなコアコンディションで姿勢を改善させたい方は是非来院してください。