理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

ソロモン流「RPBメソッド」

先日、放送されたテレビ東京ソロモン流」を観ましたか?

特集されたのはRPBインストラクターの

あめのもりようこさん。

私はあめのもりようこさんのことも、RPBメソッドのこともまったく知りませんでしたが

タイトルが「エクササイズクリエイター」ということで

ボディワーク系理学療法士として、参考になるエクササイズがあればなとか

独立開業して成功を収めたインストラクターがどういう意識で道を切り開いたのかを勉強しようかなと。

結果的には素晴らしい内容だったと思います。

コンセプトはインナーマッスルを鍛えて、しなやかで美しい体をというどこにでもあるものです。

その中で抜け出していくには、いかに「きつくないけど難しい」、「難しいけどできる。」、「そして楽しい」というのがポイントになると思いますが。
まさにそんな感じです。

あめのもりさんの人柄が出た明るい雰囲気や、元エアロビクスインストラクターらしいリズミカルなエクササイズ構築。

非常に楽しそうでした。

全身の関節、とりわけ股関節を大きく使っているのは非常に良いですね。

個人的には骨盤が一枚のまま動かしているのがもったいないと思いましたね。

もっと仙腸関節を使って、骨盤帯三分割できればもっと良くなります。

まぁ、一般の健康増進レベルならあれができれば十分でしょう。

波田野はあれにクオメソッドを組み込んで発展させようと思います。



あめのもりさんがこのメソッドを構築したきっかけは

エアロビクスなどをやっている人が膝や腰を痛めてしまう。
必ず怪我をしない運動があるはずだと思い、独学で解剖学を勉強して作りあげたようです。

ここまでクローズアップされるまで10年ということで

こういう道は一筋縄ではいかないですが

熱意があって、それに邁進すれば必ず実現できるはずですね。

フィットネス業界では「正しく動く」という流れはこれからも続いていきます。

だとすると、その分野はまさに理学療法士の得意分野ですね。

インストラクターや柔道整復師の方々と話すと

みなさん、理学療法士の存在にビビっているみたいです。

実際にフィットネスにも理学療法士に対するニーズはあります。

ただ、保険を使って病院という組織に守られた環境に慣れてしまい

自己負担の領域に飛び込むのは非常に怖いですが

やはり誰かに使われているうちは

自分の力を最大限、社会に貢献はできないですからね。

少しずつ、かつ早急に波田野メソッドを作りあげます。


話は変わって、お知らせです。

ボディーワークイベント

長寿日本一を取り戻せ!
沖縄ヨガちゃんぷる
公式ホームページ http://www.yogachan.jp/

長寿の島は沖縄は今やメタボだらけ・・。
ボディーワークを通して沖縄県民の健康意識を高めていく為のイベントを運動連鎖アプローチ研究会、ホリスティックヘルスケア研究所と合同で企画いたしました。
地方発で日本全国民の健康意識を変えていきたいです!
沖縄で会いましょう(*^^)v   


私自身は参加はしませんが、アメンバーであるケイ先生が講師として参加します。

ケイ先生は元作業療法士で現在は埼玉県越谷市で「てぃーだコンディショニング」という治療院を経営しています。
実力はもちろんのこと、「開業セミナー」で大活躍されています。

他には元理学療法士でヨガとピラティスのインストラクターで、現在は八王子で「タクトエイト」というピラティススタジオを経営している中村尚人先生。
理学療法士の視点からヨガやピラティスを解剖学的に分析した精度の高いセッションを提供されています。

さらに元理学療法士で運動連鎖アプローチ研究会代表の山本先生。

ジャイロキネシスの第一人者である井上朱美先生など

豪華な講師陣です。


沖縄まで飛んでいける方は是非。

素晴らしいセミナーになることは間違いないです。