理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

波田野ジャイロボール道場2011/01/05

連日に渡る「ジャイロボール道場」です。


前日はクオメソッドをきっちりと再習得させたので


今日はコアコンディショニング中心に。


ベーシックセブンでリラックスさせたあとに、スタビライゼーション。
股関節中心に行いました。


その後は体重移動で投げる方法で投球練習。


最後はジャンプで股関節を入れてから投げるように練習。


完璧なジャイロ回転でのストレートを投げられるようになりました。




完璧なジャイロボールは捕球する方も大変です。

腕力に任せて投げるわけではないので、球速自体は遅いです。

しかし、空気抵抗がいわゆる「ノビる」バックスピンストレートと比べて圧倒的に少ないので

速度が落ちません。

打者は投手から放たれた瞬間のボールの速度、「初速」を見て、経験からタイミングを決定します。

そして、ジャイロボールは速度が落ちません。

つまり、打者が経験から予想するよりも遥かに早い時間でボールが到達してしまいます。


「球速は遅い。だけど、早い。」のです。
「速い」ではなく、「早い」のです。


あとは、ジャイロに必要な筋力を鍛えて球速も上げていけば非常に打たれにくいはずです。




ジャイロボールを投げたい方は

埼玉県北本市で近日中にリハビリテーション科を立ち上げる「大友整形外科」の波田野まで。