理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

波田野ジャイロボール道場2011/01/04

今日も昼休みに「波田野ジャイロボール道場」でした。

私が現在の職場にいるのもあと10日。

来週から教え子も学校が始業するので、指導できるのも今日を含めて3回だけです。




今日はクオ・メソッドの手順を最初から丁寧に教えていきました。


投球動作の必須モーションをしっかりと教えて、それを獲得するためのエクササイズを。
もちろん、教科書通りのエクササイズではなく、波田野がアップデートしたものです。


一番の課題であった腕の振りと股関節の連動も、なんとか理解できたよう。


室内でもクオメソッド後は

屋外で実際に投球しながら。


体重移動を股関節でのズバズバの感覚とそれに対して腕がついてくる感覚を覚えさせるために

利き腕側の脚を前に出して投げる→脚を真横にして投げる→通常の脚の位置で投げる

という順序で練習。

股関節で振っていく感覚を掴んだあとは最後のポイント。

「投げる瞬間に少しだけボールを潰す」ということを教えました。


それを教えることで最後のスナップが効くので球にキレが出ます。

本人はそれ以上に「球の回転が安定する」と驚いていましたよ。




明日はどうしようかなぁ。