理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

資格をどう使うのか?

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com


療法士.comのテーマです。
テーマ提案の依頼があり、今回のテーマは私が提案させていただきました。


なかなか良い反応があり、嬉しく思います。


今回、このテーマを提案させていただいたのは

療法士になったのはいいけど

そこから先がない療法士が非常に多いなと思ったからです。


療法士の地位向上は最重要案件ですが

今のままでは無理です。

理学療法士協会でいえば、認定理学療法士や専門理学療法士という制度を設けて

理学療法士って勉強家でしょ?だから、もっと認めてよ。」ってアピールしたいみたいですが

ほとんどの理学療法士がそんなことに意味がないのはわかっています。
結局、ネットテレビだっけ?WOWWOWだかで理学療法チャンネルを視聴すればポイントを上げますよって始めたのは


協会の思ったほど、みんながポイントを取ってくれないからという苦し紛れの一手だというのがバレバレです。


大事なのは資格をどう使っていくかであって、資格を取ることではないのです。

私も2011年のテーマは資格取得ですが、自分のがリハビリテーションサービスを提供するにあたって必要な資格だけを取るつもりですし

申し訳ないですが

すでに理学療法士の資格は必要ないとすら思っています。



少し話が逸れましたが・・・



療法士の需要はどんどんと多岐に渡っています。

だからこそ、これからは療法士の資格をどう使っていくか

どういう療法士になっていくかをしっかりと持っていかないといけないのです。




というわけでテーマですが




私の場合、理学療法士として「読売巨人軍のトレーナー」を最終目標として

どちらかといえば、理学療法士というよりトレーナー寄りの人間でした。



とはいえ、やはり理学療法士ではいきなりその領域には飛び込めず

整形外科で働いていると、どうしても柔道整復師から名称だけ入れ替えただけで

患者に求められていることはも、やっていることは「マッサージ屋さん」だったんですね。


それでも徒手療法が嫌いなわけではないし、「患者さんのため」を考えていたので「患者が徒手療法のみを求めているなら、それで治す!!」と張り切っていた時期もありましたが


たま~~~~に、ものすごく運動療法に対して貪欲な患者を相手にした時に

自分がものすごく乗っていて

「あぁ、オレはやっぱりフィットネスに進みたい!!」と思ったんですね。



とはいっても、整形外科で医師の下で働いていたら

「それは絶対にできない!!独立しかない!!」と思いました。


とはいっても、理学療法士は保険を使った開業はできません。

介護系ならまだ何とか保険を使ってできるし(だったかな?)

需要がものすごくあるので、企業系療法士が手を出しやすいですが


私がやりたいのは、完全なる弱肉強食であるフィットネス業界。


完全な自費なので、クライアントの負担が大きい。ましてや、この不景気。

生半可なことはできない。


と考えたときに


経営系の勉強をしたり

自分のテクニックをビジネスとして成功させるために

まとめたり

自分の提供したサービスを実現させるために

必要な新しいテクニックや資格。


それがこの1年で急速に繋がりだしました。




ん~~~~、なんだかまとまりませんが。





とりあえず、言いたいことは


今、持っている療法士の資格をどう使っていくのかを考えてほしかったんですよね。。


私の場合は、セラピストが「治す」というよりはクライアントに身体感覚の「気付き」を提案したいなという方向にシフトしてきました。


そして、それは整形外科という組織の中の理学療法士という範疇の中では実現ができないと思いました。

自分の提供したいサービスを実現するには

コアコンディショニングやピラティス

マスターストレッチやMBTの資格を取りたいなと思いました。

さらに、その時にはすでに理学療法士の資格は必要ないんですね。

もちろん、理学療法士としての知識や経験が非常に役に立ちましたし、それは理学療法士を経由していないインストラクターにはない絶対的な武器だと思っています。

私は理学療法士というものをそういう使い方をします。





別に独立する必然性はないです。



スポーツの領域でも

病院で働いて、新鮮なスポーツ外傷を相手にしたければそれでいいし

一般病院で脳卒中や一般的な外傷を相手にしてもいいし

介護でもいいし

小児系でもいい。



ただ・・・

自分が療法士になった理由

自分がこれから何をしたいのか・何をすべきかを

もう一度見つめ直してもらいたいなと思いました。



その中で今持っている療法士の資格が必要だ。
今の資格だけ持っていれば事足りる。

と思えばそれでいい。


療法士の資格だけでは足りないと思うなら、新しい資格を追加すればいい。


私のようにもはや知識や経験が役立っただけで資格が必要なくなってきたなら、使わなくてもいい。



みなさんはどでしょうか?