理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

ピラティスの資格をどこで取るか?

先日、2011年はコアコンディショングを取るつもりだということを書きました。

それは今でも変わりません。



臨床経験も約5年。

身体技法系理学療法士として

覚醒しはじめた最初のきっかけはストレッチポールとの出会いだったし、コアコンディショニングのセミナーでした。


その後、1~2年くらいストレッチポールを中心に治療を組み立て

一時期、あまりにも患者が運動に対するモチベーションがないことから

「じゃあ、徒手療法だけで治してやるよ!!」とコアコンから離れ

ASTRを中心とした筋・筋膜系のアプローチで「マッサージ屋」的な仕事をして自暴自棄になっていましたが


その後、ピラティスやエゴスキューと出会い

やっぱ、オレは運動療法が好きだ!!

と気付き



2010年になってから、それまでの経験が急激に繋がりだし

主観的にですが、自分の実力が過去にないペースで伸び出したと思います。



今の職場のあまりの稚拙さに「引き際だな。」と感じたことや

「やはり独立したい!!」ということで


本格的動き出し


資格も取ろうと思います。


あとはピラティスです。


ただ、ピラティスの資格をどう取るかです。


コアコンはJCCAが主催するトレーナーコースに申し込むのでわかりやすいのですが



ピラティスの場合・・・

流派がありすぎるし、その流派の特徴の差がなかなかにわかりずらい。


さらに、ピラティスは一大ムーブメントになってしまい

誰の下でインストラクター資格を取るかで、全然違いますからね。

理想は本橋恵美さんのセミナーで資格を取ることなのですが。


メジャーなのはポールスターなのかなと思いつつ、ポールスターは費用が100万越えだし、期間も長い。


オレの場合、実力的な意味で資格を必要としているわけではなく

広告的な意味でピラティスの資格が必要なわけで

だとすると、安く取りたい。

ただ、どうせ取るなら

その後のコネクションが強い人の下で学びたい。


ん~~~~~!!!!