理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

異次元の投球理論

ピッチングの正体/手塚 一志

¥2,100
Amazon.co.jp

バッティングの正体/手塚 一志

¥2,100
Amazon.co.jp

約10年ほど前、この2冊で野球界を震撼させた手塚一志氏。

高校球界でも今では強豪校となっている石川県遊学館高校。

石川県といえば松井秀樹の母校である星稜高校の独壇場だ。

だが、そんな石川県で創部わずか1年(2年だったかな?)の遊学館高校が甲子園に出場した。

そんな新設校が甲子園に出場したこと自体が驚きだったが、さらに驚かせたのが

監督が野球をやったことがない!!という事実。

そんな野球未経験の監督が選手指導に使ったのがこの2冊だったのです。



ここ数年では巨人の阿部選手が天才的な打撃センスを開花させ、本塁打の数もですが、何よりも本塁打の軌道には信じがたいものがあります。
そんな阿部選手の理論は「ツイスト理論」と言われていますが、それもこの手塚氏の理論ですべて説明がつきます。



そんな手塚論ですが、別に新しい打ち方投げ方ではありません。

超一流の選手たとを指導してきた手塚氏が、選手たちの共通点に気がついて

解明していったものです。


そして、今はこんな本が売っています。


6週間で投げるジャイロボール(DVD付) (スポーツ新基本)/著者不明

¥1,575
Amazon.co.jp


実際には6週間では投げられません。
でも、手塚氏の理論を体現するためのメソッドが具体的に書いてあります。

もちろん、単発のエクササイズではもっと良い手段はありますが、それでも軸にするには非常に有効です。


私自身、職場のスタッフの息子(中学生)をこの理論で指導しました。

指導当初は部内のピッチャーでも一番下手。

実際に、センスを感じさせず「大丈夫かなぁ。」と思いつつ、指導。

そしたら、その日に父親(地元の草野球では有名らしい)とキャッチボールをしたら「球が速くなった。」と言われ、
さらに毎日、練習で球を受けているキャッチャーが「あれ?なんか球が速くなったんじゃない?」と言ってきたそうです。

その後、夏休みや冬休みなどの学校が長期の休みの時期に週に1回だけの指導でしたが

指導直後からメキメキと実力をつけ

地区大会ではノーヒットノーランを数回。

最後の北関東大会ではエースに昇格。
1回戦で20点以上を取ったという猛打の学校と2回線で当たったのですが

そんな猛打の学校を完封で破り。

最終的にベスト4までいきました。この時に敗れた学校が優勝したようです。

実はこの大会でのピッチングが話題になったようです。

なぜなら・・・「アイシングをせずに1回戦から5連投したから」

最近では中学生でも試合後はアイシングを徹底しているようですね。

しかし、私の教え子はアイシングをまったくしない。
なのに、故障はゼロ。
疲れも見せない。

それは疲れない投げ方、故障しない投げ方を教えたからです。


大会後には父親は色々な人から「あの投げ方はどこで教えてもらったんだ!!」と質問攻めにされたらしいです。
こういう口コミがビジネスになるくらいまで広がってくれればいいのですが・・・。


これだけの成績を残しましたが、残念ながら、その子は体格は非常に小さかったので

強い高校からのスカウトはまったくなかったみたいです。



と、そんな感じで

すごく下手だった子を一気に有名選手にするこの理論はほんとうにすごいです。

私自身もこの理論で練習をしていますが、素晴らしい感触を獲得できてます。




理学療法の本に載っているようなやり方では絶対にこの領域には辿り着けません。


痛みを取るだけなら、簡単かもしれません。


でも、それが中々パフォーマンスに繋がらないとお悩みの方。


この理論で、異次元の領域に飛び込んでみませんか?


他にもこんな本があります。
安打量産!!打率アップ・メソッド(DVD付)/手塚 一志

¥1,680
Amazon.co.jp

打撃編。
基本理論は同じです。


さらに
切れ味バツグン!! 変化球習得メソッド/手塚 一志

¥1,680
Amazon.co.jp

古い考えでは「若い子に変化球は投げさせるな」と言われますが、正しい変化球は負担をかけません。
投げ方の基本はストレートと同じですから。

前述の教え子は変化球投手で、スライダーにいたっては捕球できるキャッチャーがチームにいないと言われるくらいですが、怪我は一切ありません。



さらに野球以外に応用させた
骨盤力 アスリートボディの取扱い説明書/手塚 一志

¥2,100
Amazon.co.jp

陸上選手や水泳選手などにもおススメです。