理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

まずは姿勢から

理学療法士が外来整形外科の主役になりはじめて、数年。


多くの開業医が「理学療法士による運動療法」を売りにして、マッサージ屋的な扱いの「柔道整復師」との差別化を図ってきてはいますが

現状はまったく差別化をできないでいます。


それには患者側はあくまでも「マッサージ屋」だと勘違いしている部分もありますが

理学療法士自体が運動療法に対してあまりにもお粗末だという事実があるように思います。


今まで理学療法士は一般病院で脳卒中患者を診ることが中心で

自立のために、何が何でも各動作を獲得するために(しかも期間内に)

ただただ、動作練習だけをしてきたせいもあるでしょう。



運動を処方できる・・・けど、指導をできている理学療法士は非常に少ない印象を受けます。


1つの例えですが

よく痛みを出す患者への決まり文句は「この動作の時に不安定だから・・・」というのがあります。

そういう理学療法士はすぐにディジョックやバランスボールなど、不安定な状況で動作を行わせようとしますが

安定した場所でも不安定なものが、どうしてより不安定な環境で能力を獲得できるのでしょうか?
多少は効果はありますが、あまりにも効率が悪い・・・というよりも美しくないですね(笑)



人というのは発達に応じて、様々な亢重力姿勢を獲得していくことで

様々な動作を獲得していきます。


仰向けから、寝返り、うつ伏せ、肘這位、四つ這い、膝立ち、立位、歩行と発達していくわけです。
もちろん、途中で座位も含まれますね。

凡百の理学療法士が患者にやらせようとする運動は立位以上の動作です。


じゃあ、その患者はそもそも立てるのか?
座れるのか?

といった視点が明らかに欠落しています。




そういった理由から

私が処方・指導する運動は

端から見ると、何をやっているのかわからないようなものです。


しかし、確実に静的な姿勢改善に効いてきます。


静的な姿勢が決まれば、動的な姿勢を獲得するのは実に簡単になってきます。



事実、動作練習をしなくても

姿勢改善を促通するだけで

各動作が明らかに改善し、患者も痛みがなくなり驚いています。



これから、本格的に姿勢改善を基礎とした身体技法をアウトプットしていきます。